テニス肘

この様なことで
お困りではありませんか?

  • 物を持つ時肘が痛い。
  • タオルを絞る時肘が痛い。
  • 肘が痛くて家事が出来ない。
  • 肘が痛くてスポーツが思う様に出来ない。
  • 肘が痛くて仕事に集中できない。

テニス肘とは?

上記のような症状をテニス肘(上腕骨外側上顆炎)といいます。
名前にテニスとついている通りテニスをしている人にみられることが多いですが、テニスをしてなくてもこの症状は起こります。
痛みの出る場所は肘の外側の骨が出ている部位に痛みを感じることが多いです。
日常生活では重い物を持った際に痛みを感じることが多いです。

テニス肘
主な原因と放置しておくとどうなるか

テニス肘を起こす原因として、腕の筋肉の使い過ぎ(特に手の甲側の腕の筋肉)、年を重ねる事で起こる腱が硬くなる事で起きます。
腕の使い過ぎは特に手首を手のひら側に曲げる動作、その形が続くと起こることが多いです。
この症状を放置し続けると痛みや炎症が強くなった場合は手術でしか治すことができなくなります。

テニス肘における
飯田橋駅前鍼灸整骨院
具体的な施術方法について

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではテニス肘に対してマッサージ、鍼治療、電気治療、矯正治療で施術をしていきます。
必要であればサポーターもご用意してあります。
原因となる筋肉の緊張をマッサージで取ってあげて、痛みの部分に関しては鍼を刺してあげてそこに電気を流す鍼通電療法、背中、骨盤の歪みを治すための矯正治療をしていきます。

飯田橋駅前鍼灸整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。