反り腰をご存じでしょうか?

自分でも、姿勢を正しくしようとして、反り腰になっていませんか?

反り腰の自己チェックと、反り腰の腰痛リスクを紹介します。

反り腰とは!?

反り腰とは、いわゆる「出尻鳩胸(でっちりはとむね)」の姿勢のことです。

鳩の胸のように胸を張って、胸を前に突き出して、

バランスを取るために、お尻を後ろに突き出した形になります。

気をつけ!をして、過剰に胸を張ると、反り腰になります。

本人は、良い姿勢を取っているつもりでも、腰が反り過ぎて いるのです。

この場合の、お尻は、トップ(お尻の一番高い位置)が上がった、カッコイイ小尻とは違い、

後ろに突き出ているだけですので、気をつけましょう。

反り腰の腰痛リスクとは?

反り腰になっていると、背中からお尻に向かって、まっすぐに立っている背骨が、

腰とお尻の境目のところで、無理にきついカーブになってしまうので、

腰痛になりやすく なります。

なぜなら、頭から背中の重さが、もろにそのカーブに重心がかかってしまうからです。

本来なら、背骨から足裏まで、まっすぐのラインが望ましいのですが、

反り腰のような悪い姿勢が続と、どうしても、骨が歪んできてしまい、さまざまなトラブルも起こってくるのです。

 

反り腰の改善には、ストレッチ、矯正など方法はたくさんあります。

患者さんの症状にあわせて治療方法を提案していきますので、反り腰で腰の痛みのある方はぜひ、飯田橋駅前鍼灸整骨院にお越しください!!!