四十肩、五十肩を耳にされたことがない方はいらっしゃらないと思いますが、実際はどんな症状でどんなメカニズムかをよくご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

四十肩、五十肩とは正式には肩関節周囲炎といいます!!

 

原因は肩関節周辺の軟部組織が老化によって変性して炎症を起こしてしまうことにあります。

肩関節は人体で一番広い可動域を持っていますが、通常の生活ですべての可動域を使用することはなかなかありませんので、運動不足によって筋肉、腱、靭帯などを固くなってしまいます。

機序としては、上記の状態で肩を使うので痛みがでてきます。(疼痛期)

その為に痛いので動かさないとさらに固まってしまい今度は肩が上がらなくなってしまいます。(拘縮期)

その後緩やかに回復していきます。(回復期)

 

予防には、普段から意識して肩関節をできるだけ広い範囲で動かしたりストレッチをするといいでしょう。

すでに痛い場合は、我慢できる範囲でいいので最大限に肩を動かしてみてください。

上記の通り、次第に治癒するものですが、痛い時期や肩が上がらなくて日常生活に困ってしまう期間は長期に渡ります。

その時期を短くしたり、痛みを緩和するには勝どき鍼灸整骨院の治療がとても効果的です!!

マッサージや電気を流すことによって血液やリンパの流れを促進します。また、鍼治療によって身体の自然治癒の能力を上げて回復を早めます。

痛みを我慢することは日常生活の大きなストレスとなりますので、是非新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院へご相談ください!!