車の運転やデスクワークなどで同じ姿勢を続けたり、長時間にわたり無理な姿勢を続けた時に、肩の痛みやこりを感じる人が多いのではないでしょうか?

一般的に肩の痛みやこりが筋肉の血行不良からくるということはよく知られていますが、冷房の効きすぎ、枕があっていない、メガネやコンタクトの度が合っていない、精神的なストレス等の生活環境からも影響を受けます。

また、普段の悪い姿勢が積み重なって肩の痛みやこりを引き起こすことも!!

何気なく座っている姿勢が猫背になっている方や、気がつくと前かがみで頬杖をつくといった姿勢で長時間過ごしている方は、一度姿勢を見直してみましょう。

また、痛みとともに腕や手のしびれが長期間続くようであれば、本人が気づいていない未病が隠れている場合もあります。気になる症状は軽視せずに、1度、新宿区の飯田橋・神楽坂・江戸川橋・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨

院へいらっしゃってください!

まずは、肩こりのメカニズムから説明していこうと思います。

あまり知られていませんが、頭の重さは体の全体重の約1/10にも近い重さがあります。

例えば、体重が50kgの人の場合は約5kgの負担が首から肩の筋肉に伸し掛ってくることに!重さからすると、肩の上にボーリングの玉が乗っかっているようなもの。

そのため、肩は体の中でも負担がかかりやすい部位といえます。

肩の筋肉に負担がかかった状態が続くと、筋肉に乳酸という疲労物質がたまります。

すると、筋肉が硬くこわばってきて血管を圧迫し、その結果、血行が悪くなってしまいます。

これが肩の痛みを引き起こす原因となる、肩こりの正体です!

肩が痛いからといって動かさないでいると、ますます筋肉や関節が固くなり、症状がさらに悪化してしまいます・・・。

日常生活の中で同じ姿勢を長時間続けないようにすることや、肩や背中の筋力をつけるなど、身体に対する意識を持つことから始めましょう!

また、毎日の簡単なストレッチで肩こりを予防することもできます。ストレッチを行うと血行が良くなり、肩の筋肉にたまった老廃物の排出にもつながります!

新宿区の飯田橋・神楽坂・江戸川橋・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では肩周りの筋肉をほぐすだけでなく、姿勢の改善やストレッチの方法など治療だけでなく、再発予防のお手伝いもさせていただきます。

少しでも首や肩の痛みや違和感がある場合は、新宿区の飯田橋・神楽坂・江戸川橋・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院へご相談ください!