最近、寒さで朝起きるのが辛い季節になってきました。

まだまだ朝夕の気温差が激しく、寝てる時に布団を剝いでしまった、寝相が悪くなってしまう、ということはありませんか?

こんな時に起こりやすい症状が「寝違え」です!

疲労や過労による身体に対する負担や首や肩を動かした時に起こる首の捻挫によって筋肉に負担が掛かり痛みが出ます。

放っておいて緊張が長く続くと腕に痺れも出てくることもありますので、早めに新宿区の飯田橋・神楽坂・江戸川橋・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院で治療をしていきましょう!

このような痺れや痛みに対して、よく質問があるのが鍼灸(しんきゅう・はり・きゅう)は効くのかどうか?ですが、

鍼灸は痛みの軽減や治療をしていく上での効果は高いです!

早めに治すように促す(回復力向上)、再度同じ緊張や痺れが出ないようにする(免疫力の向上)が大きく関係してきます!

また痺れに対しては一緒にパルス治療を行うことで早めに症状を治すことができます!

それ以外にも新宿区の飯田橋・神楽坂・江戸川橋・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では手技による筋肉の緊張の緩和や骨格の調整によって首の可動域を増加させることによっての症状の緩和を行っております。

何度も繰り返しの症状が出ている方やお身体の状態が気になる方はお気軽に新宿区の飯田橋・神楽坂・江戸川橋・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にご相談ください!