まず四十肩、五十肩というのは、肩の関節の骨、軟骨、靭帯、腱などが退行変性いわゆる老化により炎症を起こし

関節を包んでる関節包という袋みたいなものが狭小化して、肩関節の痛みや動きの制限が出てる状態です。

 

40歳~50歳での発症が多いため五十肩と言われています。

 

特徴としては、ある日突然片方の肩が痛み、腕を回せなくなる。

シャンプーや服に袖を通す、つり革をつかむといった日常でおこる動作が困難になります。

寝るときにもズキズキして寝られないのも特徴です。

なので、夜間の痛みが強く出る場合は痛む方の肩を上にして、脇にタオルやクッションを挟んで寝てみてください。

 

五十肩の進行度合いによって急性期、慢性期、回復期に分類されます。

 

炎症が始まったばかりで痛みがピークの急性期は安静が基本です。

痛みが和らいできたら、肩を動かさずにいると関節が固まってしまうため動かしてください。

やり方としては、痛まない方の手を机などについてお辞儀をして

痛いほうの腕をだらんと垂らし、力を抜いたまま揺らします。

 

 

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリア飯田橋駅前鍼灸整骨院では、このような症状の患者様が数多く来院されています。
患者さん一人一人の状態 しっかり伺った上で、
症状に合わせた治療方法患者さんと相談して決めていきます。
姿勢や骨盤、骨格からくる痛みや症状には痛みの刺激を
最小限に抑えたベッドを使った骨盤矯正や
深いところからの痛みや痺れ、関節の痛みなどには鍼灸治療を
手技治療で検査や状態を確認した上で行っていきます。
また、産後の骨盤の変化による身体の痛みが気になる方は産後調整も行っておりますので
お気軽にお問い合わせください!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分