みなさん、こんにちは!

どんどん冷え込んで体調崩しやすい方も多くなっているのではないでしょうか?

忘年会やお仕事で睡眠時間も短くなっていると思いますので体調管理には気を付けてください!!

今回は、皆さんも一度は感じたことのある「肩の痛み」についてお話していきたいと思います!

 

肩の痛みは年齢によって、痛みの原因となる頻度が多い項目が変わってきます。

10代や20代前半であればスポーツが原因になっていることが多く、テニスや野球が代表的です。筋トレの際に腱や関節に負担をかけてしまう場合もあります。

これに対し、中高年になるといわゆる四十肩や五十肩が原因である頻度が高くなり、これはいわゆる加齢による痛みです。コリがひどくなった結果である場合もあります。

仕事で長時間パソコンを使い、目の疲れが原因になっている人も少なくありません。

肩の痛み。という同じ症状であっても、このように様々な原因が考えられるため、肩に異常を感じた場合には一時的な処置で治る場合もあれば、病院に通って長期的な治療を行わないと日常生活にも支障をきたしてしまうこともありま

す。

まずは、肩がどのような構造になっていて、どんな役割があるのか見ていきましょう!

肩関節は手を最大限に活用するために進歩を遂げており、他の関節と比較しても可動域が広く自由に動かせるように発達してきました。そのため、腕をぐるぐる回すこともできれば、上げ下げや左右に開いたりできます。

そんな肩関節は肩甲上腕関節・胸鎖関節・肩鎖関節から構成されており、さらに僧帽筋や三角筋などの筋肉によって守られると共に様々な動きができるようになっています。

さらに、スムーズに動けるように滑液包が存在しており、滑液包の内は滑液やリンパ液が入っています。腕の重みに耐えながら自由な動きを実現できるようになっているのは、肩関節の働きでもあります。

普段は気に留めなくても、痛みによって腕が上がらなくなってしまうと、そのありがたみを実感できるはずです!!

肩関節.jxr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代人は慢性的な運動不足に加えて長時間のデスクワークやパソコンの使用が常態化しています。そのため、ずっと同じ姿勢を続けることで血流は悪くなり、筋肉の緊張状態が続いてしまい、肩こりを感じる人は多くなっています。

携帯電話やパソコンの画面を見続けることが原因で眼精疲労になり、それによって肩こりや意味を訴える方もいます。

ちょっとしたコリであれば、そんなに気にせずそのままにしていると、重度な肩こりが慢性的になり、弊害として頭痛などを起こすケースもあり、普段の生活に大きな支障を及ぼしかねません!!

そのため、早めの対応が肝心です!

ちょっとしたストレッチをしたり、同じ姿勢が続いたら軽く関節を動かしておくだけでも肩こりの予防になったり、症状の緩和につながることもあるので、放置するのは避けましょう。

原因となっている仕事を辞めるのは現実的ではないにしても、他の方法によって解決できる可能性があるのです。

肩こりは一般的な症状であるため、あまり難しく考えずに放っておく方が多いのが現状です。しかし、症状が悪化すると痛みに変わってしまう危険性もあります。なので、自分でも行える対策を講じておきましょう。

運動する習慣がないのであれば、ストレッチをするだけでも血行の促進や筋肉をほぐして健康に近づくための第一歩になる可能性があります。

肩だけではなく、全身について時々ストレッチをするようにしてみるのは手軽にできる健康習慣です。アスリートのように本格的に行わなくても、テレビを見ながらでも柔軟性を高めることはできます。

 

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、治療だけでなく、皆さんご自身で行えるストレッチや体操もお教えしていきます!

何か少しでもお困りの方!!

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にいらっしゃってください!

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分