皆さん、こんにちは!

もう本格的に寒くなり、コートが手放せない時期になってきましたね!!

今日はそんな寒い時期に多くなってくる首の寝違えについてお話していきたいと思います!

 

朝、寒さの中、頑張って起きようとした時に、首を痛めちゃった・・・。

そんな経験のある方も多いのではないでしょうか?

そんな方のため今回は寝違えについて詳しくお話していこうとおもいます!

 

そもそも寝違えとはどういうものなのか?

一般的に「寝違え」と呼ばれる症状の多くは、首周辺の筋肉が軽度の肉離れを起こしている状態を指します!

人間の頭部は、正面から見た首の幅に対して中間の位置にあるのが望ましいのですが、睡眠中はどうしてもその位置からずれがちです。

長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉も凝り固まりやすくなります。

そのような状態で起床時に急に頭首を動かすと・・・寝違えが発生するのです!!!

例えば、運動をするとき、ストレッチをせずにいきなり激しい運動をしたら筋肉を傷めてしまいますよね?

それと同じで、睡眠中に凝り固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです!!つまり寝違えは、寝ているときに生じるわけではありません!

寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは起床時なのです。

動きによっても痛めた部分が違ってきます!

筋膜を傷めているケースと、中心部分を傷めているケースです。

例えば、首を右に回したときに左側が痛ければ、筋膜(筋肉の表面を覆う膜)が傷ついている可能性が高いですし、反対に、首を右に回したときに右側が痛ければ、筋肉の中心部分が傷ついている可能性が高くなります!

前者の方が痛みは強く、治りにくい傾向があります。

次に寝違えが起こった時の対処法をお教えします!

 

朝起きて「寝違えた!」と思ったら、とにかく楽な位置から首を動かさないことが大切です!

痛みが出てから48時間程度は、消炎鎮痛成分が入っている冷湿布を貼るのもおすすめです!ただし、目安は1時間程度です。

それから、寝違えの時は、ご自身で痛いところをもんだり、ストレッチをしたり、温めたりなどもやらないようにしてください!

ただでさえ炎症が起き、傷ついているものがさらに悪化し、痛みが強くなってしまいます!

 

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、皆さんの身体の状態を確認しながら治療を行っていきます!

また、寝違えなどの炎症が起きているようなものには鍼も効果的ですので、そちらも状態に合わせて行っていきます!

これからの時期、何かお困りのことがありましたら新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にご相談下さい!!

 

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分