皆さん、こんにちは!

なんの前触れもなく肘が痛くなった・・・。なんて方はいらっしゃいませんか?

 

あれ?どこかに肘をぶつけたかな?

 

って思ってしまいますがそんな記憶もない時どうして肘が痛くなってしまう症状が起きてしまうのか、その痛くなってしまう原因について今日は書いていきます!

 

・肘が痛くなっってしまうのは?

肘をドアにぶつけてしまったり、転んで肘をぶつけてしまったり、何かしらの原因がある時は肘に痛みを感じてしまうのはわかります。

ですがそうではなく特に思い当たる事が無いのに肘が痛くなってしまうそんな時、どうして肘が痛くなってしまうのか?

それは、肘にある関節にくっついている筋肉や靭帯が炎症を起こしてしまっていたり、血液の流れが悪くなってしまって神経を圧迫してしまったりして骨と骨がぶつかってしまうからです。

肘の簡単な作りというか構造は肩から肘まで「上腕骨」という骨がその骨の先に軟骨や筋肉があって橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)という肘から下の部分の骨があってこの上腕骨と橈骨と尺骨の3つの骨によって肘の関節を動かしてい

ます。そして上腕骨と橈骨と尺骨をくっつけているのが靭帯です!

 

・原因

肘の関節のなんとなくのイメージと肘が痛くなってしまう原因についてはわかってもらえたと思います!

その痛みの原因となっているものは、

・疲労による炎症

・腱鞘炎

・痛風

・関節リウマチ

・病気

などがあります!

今回は、疲労によるものと腱鞘炎について説明していきます!

 

・疲労による炎症

まずは疲労による炎症ですが、テニス肘やゴルフ肘っていうことを聞いたことがある方も多いと思います!

同じ動作や動きを繰り返し行っていることによってその疲労から炎症を起こしてしまう症状です。

スポーツに限らず毎日の仕事や家事などでもですね。

 

・腱鞘炎

腱鞘炎というと指や手首っていうイメージがありますがそれが酷くなって腕の腱鞘という骨と筋肉を繋いでいる腱が炎症してしまって起こります。

最近特に多くなっているのがパソコンやスマホなどの使いすぎ、打ちすぎなどで起こってしまうことです。

 

この様に、肘自体に負担をかけることもそうですが、周りを使いすぎても肘に痛みが出やすくなります!

まずはどのような原因なのかを特定する事が肘の痛みを治していくのに大事になってきます!

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、 患者さんのお話を聞かせて頂き、原因を見つけていきます!

治療だけでなく、再発予防も 行っていますので、お困りのことがありましたら、新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にご相談下さい!!

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分