皆さん!こんにちは!

皆さんは、腕をあげようとしたら、ピキッと肩に激痛がはしってしまう・・・。腕がぐるりとまわせない・・・。シャツを着るとき、なにげなく腕をあげて、はげしい痛みにおそわれたり、寝ているとき、寝がえりの拍子に、痛みで目が

さめてしまう・・・。

そんな経験ありませんか?

そうなってしまうと、仕事が手につかなくなり、日常生活にも支障が出てしまって、ツラいですよね?

いわゆる、四十肩・五十肩と呼ばれる症状です。ストレスや運動不足などが影響して、いつのまにか、40代の方々にも同じ症状があらわれるようになってきました。

最近では、さらに若い30代の方にも、四十肩・五十肩と同じ症状があらわれています。

「まだ若いから、だいじょうぶ。」と思っているあなた!!!

じゅうぶんに気をつけてください!!今回はそんな四十肩・五十肩の予防になるストレッチをご紹介します!

 

そもそも四十肩・五十肩は、なぜ起こってしまうのか?そこから説明していきます!

肩関節の炎症、ということはわかっているのですが、ストレス、筋肉疲労、猫背などいろいろな原因があり、これ一つだけが原因というわけではありません。

整形外科などの病院に駆けこんで、痛み止めの注射を打ってもらったり、サプリメントを服用したり、湿布を貼ったり、体操をしたり。

激痛のために、眠れない日々がつづき、睡眠不足になって、ストレスがたまってしまう。長時間同じ姿勢でいて猫背になり、筋肉も固くなっていく・・・。

今回、ご紹介するのは、肩のまわりの筋肉をやわらかくするストレッチです!

これで、肩の可動範囲、肩甲骨の可動域が、年齢とともに狭くなっていくのを予防して、四十肩・五十肩になりにくくすることができます!!

 

・肩のストレッチ

立った状態、イスに座った状態のどちらでもかまいません!

①まず、タオルを肩幅の長さにあわせます。

②タオルの端と端をつかんで、バンザイしてください。

③背すじをのばして、姿勢はまっすぐのまま、上体を左へ倒していきます。

この時、わき、わき腹が伸びている感じがあれば大丈夫です!肩甲骨のまわり、肋骨のあたりも、全体的に伸びているなおいいです!

④そして、ゆっくりと息を吐きながら、30秒キープ。また、ゆっくりと正面に戻してください。

同じように、今度は右へ倒していきます。勢いをつけて、むりに伸ばす必要はありません!

ポイントは、ゆっくり、じんわりです。イタ気持ちいいぐらいの感じで伸ばしましょう!!

四十肩・五十肩の予防にもなりますし、身体の側面をストレッチすることで、肋間の筋肉もしっかりと働いて、深い呼吸がしやすくなります。酸素がスッと肺に入ってくる感覚ですね。浅い呼吸、つまり酸欠は筋肉をかたくしてしまうの

で、このストレッチで、四十肩・五十肩を予防して、やわらかい筋肉を長くたもちましょう!!

 

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、このような予防法や体操もお教えしています!

また、患者さんの身体の状態をしっかりみせていただき、一番いい治療法を見つけていきます!

お困りの際は新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にご相談下さい!!

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分