皆さん、こんにちは!

最近、徐々に暖かくなってきましたね!

3月で今が一番忙しい・・・!そんな方も多いのではないでしょうか?

ずっと座ってデスクワークをしていて、ふと気づくとなんか頭痛が・・・。

そんな皆さんの為に今日は頭痛についてお話していこうと思います!

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」だ。と言われています! これほど身近ということもあって、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、背後に命にかかわる病気が隠れてい

ることもあります。頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それよって予防法や対処法が大きく異なるため、一歩間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなりかねません。そこで、今日は身近な「片頭痛(へんずつ

う)」と「緊張型頭痛」についてご紹介していきたいと思います!

 

・片頭痛

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です!

片頭痛は、心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、

「片頭痛」の原因になります!

症状としては、

・こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛む

・頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともある

・体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅する

・頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢なども起こる

・光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になる

対処法としては、

・痛む場所を冷やす

・カフェインなど入っているものを飲む

これは広がっている血管を収縮する効果があるので痛みが軽減しやすいです!!

 

・緊張性頭痛

「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます!

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい頭痛です。

症状としては、

・午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れる

・後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛む

・吐き気や嘔吐などといった頭痛以外の症状は現れない

対処法としては、

・首、肩周りを温める

・肩回りをを動かしたり、椅子から立ち上がったりして気分転換する

これは筋肉の緊張などで起こる血行不良を改善してあげると痛みが軽減しやすいです!!

 

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、今起きている頭痛だけでなく、頭痛が起きにくい身体づくりも行っていきます!

頭痛、肩、首の緊張が強くなるのは普段の姿勢が原因にもなってきます!

また、新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、手技でほぐしていくだけでなく、鍼治療で奥のほうの筋肉からしっかりほぐし、血行不良の改善も行っていきます!

お困りの方!!新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にぜひご相談ください!

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分