皆さん!こんにちは!

皆さんの中に日々のデスクワークや立ち仕事で腰が・・・。なんて方も多いのではないでしょうか?

色々試しているけどずっと平行線・・・。

それは腰だけが問題ではなく、

実は股関節に問題があるかもしれません!!

股関節は、歩いたり、しゃがんだり、荷物を持ったり、日常生活のさまざまな動きで活躍する大事な関節です!

その股関節がうまく使えていないと、股関節の動きの悪さを補うために、腰に負担がかかり、腰痛になる危険性がぐん!と高くなります!

今回は、“股関節腰痛”かどうかを見分ける『四つんばいチェック法』や、股関節の動きを取り戻す、簡単な『股関節体操』を紹介していこうと思います!

 

四つんばいチェック法

まずはこのチェック法をご紹介していこうと思います!

①四つんばいになり、腕と太ももを地面に対して垂直になるようにする

②そこからゆっくりとお尻を後ろに下げていく

※目安はおしりがふくらはぎに付く手前くらいまでです!

このとき、背筋が伸びた状態でお尻をスッと下げることが出来れば、股関節をなめらかに使えています!

一方、腰や背中が丸まってしまう人は、股関節をうまく使えていない可能性があり、股関節の動きが悪く、骨盤が起きてしまい、それを補うように腰や背中が丸まってしまいます。

この“猫背タイプ”の人は、正常な人に比べて、腰に負担がかかりやすくなり、腰を痛めるリスクが高くなってしまいます!

 

股関節体操

次は股関節体操の体操をご紹介していきます!

“股関節腰痛”を改善、予防したりするには、なめらかに動く股関節を保つことが大切です!

そのためには、股関節の安定性とスムーズな動きに欠かせない内側の筋肉(深層筋)を鍛えることが重要です!

・パカパカ体操

①楽な姿勢でいすに座ります。

②肩幅くらいに足を開き、つま先を正面に向けます。

③ひざをゆっくり開いたり、閉じたりをしていきます。

ポイントは“力を抜いてリズム良くやること”!!

足の裏が床から離れるほど、強く動かす必要はありません!自分が楽だと思う範囲、スピードで動かしてください。1日10回×2セットが目安ですが、負担の少ない運動ですので回数を増やしても大丈夫です!

股関節や腰に痛みが出るようであれば無理に行わないでください!

・おしりフリフリ体操

①立った状態で、足を肩幅より少し広めに開きます。

②つま先は正面から少し外側に向けます。

③その姿勢から、骨盤を左右に揺らすようにゆっくり動かします。

ポイントは、顔の位置を動かしたり、体をねじったりしないこと!!極端に“くの字”になるほど腰を動かす必要はありません。骨盤の少し下に両手を当てて、股関節が動いていることを確認しながらやってみてください!

これも1日10回×2セットを目安に行ってください!

・四股(しこ)スクワット

内側の深層筋だけでなく、股関節全体の筋肉をバランスよく鍛えるのに効果的な体操が、「四股(しこ)スクワット」です!

①肩幅より少し広めに足を開きます。このとき、つま先は斜め前を向くようにしましょう!

②背筋を伸ばしながら体をやや前に傾け、お尻を突き出すように腰をゆっくり落としていきます。

これも、1日10回2セットが目安です!

これはほかの二つよりも負荷が高いので、痛みが出た場合はやめてください!

 

新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院では、患者さんのお話を聞かせていただいた上で原因を探し、治療を行っていきます!

まずは新宿区の飯田橋・江戸川橋・神楽坂・市ヶ谷エリアの飯田橋駅前鍼灸整骨院にぜひご相談ください!

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院

飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院

・所在地〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F

・電話番号 03-6265-3179

・休診日 日曜日/祝日

・診療時間【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00

・アクセス方法【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分