一年には春夏秋冬がありますが、その中でも春の季節は腰痛になりやすいということをご存知ですか?

なんとなく寒い季節の方が、腰が痛くなりそう…というイメージがあるかもしれません。しかし実は春は腰痛の季節と呼ばれているのです。

ではなぜ春は腰痛がひどくなるのでしょうか?それは「骨盤のゆるみ」が関係しています。冬など寒い季節は筋肉も骨盤もしまった状態のため、足元から寒さがあがっていき、肩や関節の動きが鈍くなったり、

痛みが出たりする場合が多いです。また神経痛を引き起こす方もいるでしょう。

しかし春になると冬の寒さから徐々に暖かくなることで、筋肉が緩みはじめます。筋肉が緩むとしまっていた骨盤が前後左右に動くようになり、腰骨、仙骨など骨盤の中心部分にある骨が動くため、痛みが発生しやすくなるのです。

つまり春になると骨盤が緩み、腰痛を引き起こしやすくなっているのです。

飯田橋駅前鍼灸整骨院では、その人の症状に合わせて、電気治療、鍼灸治療、骨盤矯正、などいろいろな方法で治療していきますのでお気軽にご相談ください

 

 

飯田橋駅前鍼灸整骨院
飯田橋駅前鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。

混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します!

飯田橋駅前鍼灸整骨院
・所在地
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル2F
・電話番号 03-6265-3179
・休診日 日曜日/祝日
・診療時間
【平日】10:00~20:30 【土曜】10:00~17:00
・アクセス方法
【電車】JR総武線 地下鉄各線 飯田橋駅より徒歩1分